全6回の動画を最後までごご覧いただいた方には、“特別なプレゼント”をご用意しています。
プレゼントは本セミナーの最後のメールでお送りしますので、こちらから動画をご覧ください。

お申し込みはこちら

お名前とメールアドレスをご登録いただくと、今すぐ無料で解説動画を見ることができます。

株式会社プロ・アライブ(以下、当社と言います)は、個人情報保護を重要な経営課題と位置づけ、役員及び従業員が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な取扱いと厳正な保護に取組んでまいります。

1.個人情報の取り扱いについて
(1)個人情報の取得と利用
1.個人情報を取得する場合は、本人の同意を得た上で取得します。取得した個人情報は、その目的以外には使用せず、目的外利用をしないよう適切な措置を講じます。
2.当社は、お客様から取得した個人情報をご契約、サイト登録、お客様へのご連絡・ご案内業務等の実施に、採用応募者から取得した個人情報を採用選考に、また役員及び従業員の個人情報は人事管理等に利用します。

(2)個人情報の委託
当社は、個人情報の取扱いを委託する場合は、十分な保護水準を満たした者を選び、契約等によって保護水準を守るように定めた上で、指導・管理を実施します。

(3)個人情報の第三者提供
当社は、法令に基づく場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。

(4)開示、訂正、削除、利用停止等の請求
当社は、開示対象個人情報について、開示等の請求があった場合には、遅滞なくこれに対応いたします。開示等の請求に対応する方法は「開示対象個人情報の周知及び開示等の請求について」をご参照ください。

2.法令等の遵守
当社は、個人情報の保護に関する法令、ガイドライン、その他の規範を遵守いたします。

3.個人情報の安全管理措置
当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損などのリスクに対して適切な安全措置を講じます。また、何らかの問題が発生した場合には、速やかに是正措置を講じます。

4.管理体制
当社は、個人情報保護管理者のもと、部門毎に責任者を任命して、適切な個人情報の管理を実施します。また、役員及び従業員に対して教育を継続的に実施します。

5.苦情・相談のお問合せ
当社への個人情報に関する苦情・相談については、お問い合わせフォームまたは、(メールアドレス)までお問合せください。

読書をするなかで、こんな悩みはありませんか?

読書の悩み

このような悩みをお持ちの方は、ぜひ無料動画講座をご覧ください。

ビジネスマンが1年間に平均何冊の本を読んでいるか知っていますか?


1ヶ月あたりたった0.26冊にすぎません

とはいえ、本を読む時間がないという人もいると思います。
しかし、普通では考えられないくらいの過密スケジュールをこなしている経営者や、トップクラスのビジネスマンほど、月に何冊も何十冊も本を読んでいます。

だから、時間がないという言い訳はやめてください。
極端な言い方をしてしまえば、読書をしないから時間がないのです。

本を読むようになれば、

本を読むメリット

ようになり、時間の余裕が生まれます。
そして、その時間の余裕の中でさらに読書をし、パフォーマンスの向上につなげる。

これがトップクラスのビジネスマンが行っている読書の習慣です。

もし、あなたもトップクラスのビジネスマンと同じ読書の習慣を手に入れたいなら
今すぐ動画セミナーに参加してください。

全6回の動画を最後までごご覧いただいた方には、“特別なプレゼント”をご用意しています。
プレゼントは本セミナーの最後のメールでお送りしますので、こちらから動画をご覧ください。

お申し込みはこちら

お名前とメールアドレスをご登録いただくと、今すぐ無料で解説動画を見ることができます。

株式会社プロ・アライブ(以下、当社と言います)は、個人情報保護を重要な経営課題と位置づけ、役員及び従業員が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な取扱いと厳正な保護に取組んでまいります。

1.個人情報の取り扱いについて
(1)個人情報の取得と利用
1.個人情報を取得する場合は、本人の同意を得た上で取得します。取得した個人情報は、その目的以外には使用せず、目的外利用をしないよう適切な措置を講じます。
2.当社は、お客様から取得した個人情報をご契約、サイト登録、お客様へのご連絡・ご案内業務等の実施に、採用応募者から取得した個人情報を採用選考に、また役員及び従業員の個人情報は人事管理等に利用します。

(2)個人情報の委託
当社は、個人情報の取扱いを委託する場合は、十分な保護水準を満たした者を選び、契約等によって保護水準を守るように定めた上で、指導・管理を実施します。

(3)個人情報の第三者提供
当社は、法令に基づく場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。

(4)開示、訂正、削除、利用停止等の請求
当社は、開示対象個人情報について、開示等の請求があった場合には、遅滞なくこれに対応いたします。開示等の請求に対応する方法は「開示対象個人情報の周知及び開示等の請求について」をご参照ください。

2.法令等の遵守
当社は、個人情報の保護に関する法令、ガイドライン、その他の規範を遵守いたします。

3.個人情報の安全管理措置
当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損などのリスクに対して適切な安全措置を講じます。また、何らかの問題が発生した場合には、速やかに是正措置を講じます。

4.管理体制
当社は、個人情報保護管理者のもと、部門毎に責任者を任命して、適切な個人情報の管理を実施します。また、役員及び従業員に対して教育を継続的に実施します。

5.苦情・相談のお問合せ
当社への個人情報に関する苦情・相談については、お問い合わせフォームまたは、(メールアドレス)までお問合せください。

具体的な例をご紹介します。

大手人材紹介会社に勤める、30代ビジネスマン。
成績は中の上くらいの、いわゆる中堅どころの営業マネージャー。
「学び」という自己投資に積極的な彼は、様々なセミナーに参加したり、読書に時間を費やしてきました。

そんな彼から、ある日質問がありました。

「ビジネスの現場で活用するためにたくさん本を読んでいるんですけど、
本の内容がなかなか覚えられなくて困っているんです…。
時間も限られているし、何か良い方法はありませんか?」

この質問、実はとても危険です。
何が危険なのか、あなたにはわかりますか?

そうです、“本の内容を覚える”という前提で読書をしても、実は全く成果は得られません。
読書は、あくまでも投資だからです。

そんな前提の違いに気づいた彼は、私から学んだ「読書の読書の6大法則」を実行しました。
その結果、彼の業績は飛躍的に向上し、なんと2015年度には異例のスピードで社長賞を受賞するまでになりました。

無料動画講座の内容

読書は、「投資家」の視点で読むべし
  • 読書は「投資家の人格」として読むと成果が飛躍する
  • 読書で投資している3つの要素とは?
  • 読書をしても成果が出ない人の典型的なパターンとは?
読書を、習慣化するために必要なこと
  • そもそも、人間の脳は読書に不向きである
  • 努力で読書を継続しようと思っても、絶対に上手くいかない理由
  • 脳に「トリガー」を与えると、読書スイッチを作ることができる
あなたの「読書偏差値」を計測してみませんか?
  • 本の「読み方」ひとつで、得られる成果は何倍にも変わる
  • 勉強と同じように、読書にも「偏差値」がある??
  • 業界初公開!読書のレベルがわかる「読書偏差値」とは?
人はそれぞれ、自分の脳に合った「合脳的な読書法」が存在する
  • クラス最下位だった鍼灸師が、トップ3で国家試験に合格した勉強法
  • 誰にでも、自分の脳に合った「合脳的な読書法」を確立している
  • 「合脳的な読書法」を見つけるためのキーワードは、「五感覚」
読書をするたったひとつの理由は、「脳内参照データベース」を高めることにある
  • 私たちの脳の構造は、「参照データベース」の一言で説明できる
  • 過去だけでなく、未来にも今にも記憶がある?「参照データベース」を構成する3つの記憶とは?
  • なぜ、読書が「参照データベース」を更新するための最も効果的なツールなのか?
読書の成果を最大限に高める「アウトプット志向型」の読書法とは?
  • 読書には3つの「型」がある
  • 長期的な成長をもたらす「教養志向型」と、感情を動かす「ストーリー志向型」の読書
  • 「アウトプット志向型」の読書を身につけるために必要な、たった一つのこと
アウトプット志向型の読書法

全6回の動画を最後までごご覧いただいた方には、“特別なプレゼント”をご用意しています。
プレゼントは本セミナーの最後のメールでお送りしますので、こちらから動画をご覧ください。

お申し込みはこちら

お名前とメールアドレスをご登録いただくと、今すぐ無料で解説動画を見ることができます。

株式会社プロ・アライブ(以下、当社と言います)は、個人情報保護を重要な経営課題と位置づけ、役員及び従業員が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な取扱いと厳正な保護に取組んでまいります。

1.個人情報の取り扱いについて
(1)個人情報の取得と利用
1.個人情報を取得する場合は、本人の同意を得た上で取得します。取得した個人情報は、その目的以外には使用せず、目的外利用をしないよう適切な措置を講じます。
2.当社は、お客様から取得した個人情報をご契約、サイト登録、お客様へのご連絡・ご案内業務等の実施に、採用応募者から取得した個人情報を採用選考に、また役員及び従業員の個人情報は人事管理等に利用します。

(2)個人情報の委託
当社は、個人情報の取扱いを委託する場合は、十分な保護水準を満たした者を選び、契約等によって保護水準を守るように定めた上で、指導・管理を実施します。

(3)個人情報の第三者提供
当社は、法令に基づく場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。

(4)開示、訂正、削除、利用停止等の請求
当社は、開示対象個人情報について、開示等の請求があった場合には、遅滞なくこれに対応いたします。開示等の請求に対応する方法は「開示対象個人情報の周知及び開示等の請求について」をご参照ください。

2.法令等の遵守
当社は、個人情報の保護に関する法令、ガイドライン、その他の規範を遵守いたします。

3.個人情報の安全管理措置
当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損などのリスクに対して適切な安全措置を講じます。また、何らかの問題が発生した場合には、速やかに是正措置を講じます。

4.管理体制
当社は、個人情報保護管理者のもと、部門毎に責任者を任命して、適切な個人情報の管理を実施します。また、役員及び従業員に対して教育を継続的に実施します。

5.苦情・相談のお問合せ
当社への個人情報に関する苦情・相談については、お問い合わせフォームまたは、(メールアドレス)までお問合せください。

読書力をアップする3つのポイントとは

あなたがトップクラスのビジネスマンと同じ読書週間を手に入れるためには
次の3つのポイントを抑える必要があります。

読書力をアップする3つのポイントとは

たったこれだけです。

それぞれご紹介していきましょう。

読書の習慣化の壁となる心理的ハードルを下げる

読書が大事なのはわかっていても、習慣化までできない方が多いのではないでしょうか?
この問題を抱えている方たちは共通した“間違った前提”をもっています。
それは、
「本は最初から最後まで読まなければならない」
「読んだ本の内容を覚えなければならない」
などです。
この“間違った前提”を変えることができれば、読書を習慣化することは難しくありません。
無料動画セミナーでは、読書の習慣化の壁となる心理的ハードルの下げ方もお伝えしていきます。

自分の脳と目的に合った本の読み方をする

あなたは読書をするときに、“目的”を意識していますか?
本を読むということは、そこから何らかの知識を得たい、スキルを身につけたいなどの目的を持っているはずです。
例えば、
「マーケティングについて学びたい」
「資格を取って転職したい」
などです。
しかし、これではまだまだ目的が漠然としていて、
読書をしても、どこが自分にとって重要なことなのか判断できないのです。
その結果、本の内容を実感することができず、行動にも移せないのです。
無料動画セミナーでは、自分の脳と目的に合った本の読み方についてもお伝えしていきます。

良質な知識を得るための良書を選ぶ

あなたは読書をするときに、“目的”を意識していますか?
本を読むということは、そこから何らかの知識を得たい、スキルを身につけたいなどの目的を持っているはずです。
例えば、
「マーケティングについて学びたい」
「資格を取って転職したい」
などです。
しかし、これではまだまだ目的が漠然としていて、
読書をしても、どこが自分にとって重要なことなのか判断できないのです。
その結果、本の内容を実感することができず、行動にも移せないのです。
無料動画セミナーでは、自分の脳と目的に合った本の読み方についてもお伝えしていきます。

この3つのポイントについてもっと詳しく知りたい方は
今すぐ動画セミナーに参加してください。

全6回の動画を最後までごご覧いただいた方には、“特別なプレゼント”をご用意しています。
プレゼントは本セミナーの最後のメールでお送りしますので、こちらから動画をご覧ください。

お申し込みはこちら

お名前とメールアドレスをご登録いただくと、今すぐ無料で解説動画を見ることができます。

株式会社プロ・アライブ(以下、当社と言います)は、個人情報保護を重要な経営課題と位置づけ、役員及び従業員が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な取扱いと厳正な保護に取組んでまいります。

1.個人情報の取り扱いについて
(1)個人情報の取得と利用
1.個人情報を取得する場合は、本人の同意を得た上で取得します。取得した個人情報は、その目的以外には使用せず、目的外利用をしないよう適切な措置を講じます。
2.当社は、お客様から取得した個人情報をご契約、サイト登録、お客様へのご連絡・ご案内業務等の実施に、採用応募者から取得した個人情報を採用選考に、また役員及び従業員の個人情報は人事管理等に利用します。

(2)個人情報の委託
当社は、個人情報の取扱いを委託する場合は、十分な保護水準を満たした者を選び、契約等によって保護水準を守るように定めた上で、指導・管理を実施します。

(3)個人情報の第三者提供
当社は、法令に基づく場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。

(4)開示、訂正、削除、利用停止等の請求
当社は、開示対象個人情報について、開示等の請求があった場合には、遅滞なくこれに対応いたします。開示等の請求に対応する方法は「開示対象個人情報の周知及び開示等の請求について」をご参照ください。

2.法令等の遵守
当社は、個人情報の保護に関する法令、ガイドライン、その他の規範を遵守いたします。

3.個人情報の安全管理措置
当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損などのリスクに対して適切な安全措置を講じます。また、何らかの問題が発生した場合には、速やかに是正措置を講じます。

4.管理体制
当社は、個人情報保護管理者のもと、部門毎に責任者を任命して、適切な個人情報の管理を実施します。また、役員及び従業員に対して教育を継続的に実施します。

5.苦情・相談のお問合せ
当社への個人情報に関する苦情・相談については、お問い合わせフォームまたは、(メールアドレス)までお問合せください。

「本の読み方」が変わればビジネスのパフォーマンスは劇的に変化します。

マイクロソフトのビル・ゲイツやソニーの元会長である出井伸之さんを始めとする多くの偉大な経営者も読書家で知られています。
トップクラスのビジネスマンたちは、日々、自分の知識を更新し続けています。
つまり、日々の読書で脳内の良質な情報を更新し、それによって質の高いアウトプット(行動・結果)ができるようになります。

読書を習慣化し、情報のインプットとアウトプットの循環が良くなると、

これらは、ビジネスマンにとって必須の能力です。
読書を習慣化し、他のビジネスマンと差をつけることができれば、
収入にも影響を与える可能性が十分あります。

脳科学的読書開発者紹介

株式会社プロ・アライブ 石川大雅 株式会社プロ・アライブ 石川大雅


40年間、約3万人の成功者を取材、分析し、「成功している人間の脳の使い方」を誰もが使える形に体系化

そんな“実践的な脳科学”を活用した「脳科学人材育成コンサルタント」として、多くの企業や非営利団体にコンサルティングを行い、圧倒的な業績を上げている。

「コンサルティングをした会社や部署の売上を、依頼された半分の期間で最低でも2倍以上にする」「まったく就職できなかった就職浪人をたった2ヶ月で、全員就職に導く」「人気のないホストをたった2回のアドバイスで人気No.1にする」などありえない実績多数。

石川大雅著書

常識を覆す結果を出すことから、
「人の天才性を見つけ出す天才」「脳科学会のドラゴン桜」
などの異名を持つ。

著書に「できないことがなくなる技術」(中経出版)「メンタリングセールスによるセールスコーチングスキルのすべて」(近代消防社/石川正樹名義)他。

翻訳所にNLPの経典ともいえる書籍「魔術の構造」(亀田ブックセンター)リチャード・バンドラー/ジョン・グリンダー著、トーマス・コンドン監訳、石川正樹/尾川丈一/高橋慶冶訳がある。

●主なクライアント
NHK、NTT、NTTドコモ、帝国データバンク、山之内製薬、藤沢薬品(アステラス製薬)、東芝、横浜ゴム、ホンダ技研、日本赤十字、中部電力、東北電力、証券系シンクタンク、ユニリーバ、キッツ、AIU損保保険会社、サンダンス・リゾート、NEC埼玉、プルデンシャル生命、JMAM日本能率協会、JMA、日本生産性本部、CSK、JMAMチェンジコンサルテイング、プロミス、宣伝会議、マスメディアン、フライシュマンヒラードジャパン、ユー・アイズ・デザイン、フジタ、眞露ジャパン、竹虎、衆議院議員、スポーツアスリート など

無料動画講座ナビゲーター紹介

株式会社プロ・アライブ 小沼勢矢 株式会社プロ・アライブ 小沼勢矢

入社倍率100倍超の都内ベンチャー企業でのセールス職を経験し、23歳で起業。
現在は、自身のコンサルタントの師匠である石川 大雅より会社を承継し、スモールビジネスオーナーを中心とした自己最適化プログラムや、中小企業への長期コミットメント型コンサルティングを展開している。

23歳の時に起業するも、売り込みを前提とした見込み客とのコミュニケーションに違和感を覚え、独立後も「やりたいこと」と「儲かること」の不一致に頭を悩ませる日々が続く。

そのような状況のなか、以前からワークショップに参加して教えを受けていた石川大雅と再会する機会に恵まれ、自分のビジネスに対する認識の甘さや覚悟の甘さについて強烈なフィードバックをもらい、石川の在り方やビジネスに対する姿勢に衝撃を受ける。
その後も継続的なフィードバックをもらい続けるうちに、「この人と一緒に仕事がしたい!」との想いを強くし、2012年3月に石川大雅の弟子となる。

その後、石川よりビジネスの本質を学び続け、
ビジネス経験ゼロの状態から55日で300万円の売上達成
出版記念講演会に約450名集客
などの企画を成功させる。

現在は、株式会社プロ・アライブの代表として事業承継をし、「クライアントの伴走者でありたい」との使命にもとづいてコンサルティング事業を展開している。
学びと実践をつなぐ自己最適化プログラムのセミナー開催や企業研修、中小企業への長期コミットメント型コンサルティングなど業種業態問わず多岐にわたり活躍している。

全6回の動画を最後までごご覧いただいた方には、“特別なプレゼント”をご用意しています。
プレゼントは本セミナーの最後のメールでお送りしますので、こちらから動画をご覧ください。

お申し込みはこちら

お名前とメールアドレスをご登録いただくと、今すぐ無料で解説動画を見ることができます。

株式会社プロ・アライブ(以下、当社と言います)は、個人情報保護を重要な経営課題と位置づけ、役員及び従業員が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、個人情報の適切な取扱いと厳正な保護に取組んでまいります。

1.個人情報の取り扱いについて
(1)個人情報の取得と利用
1.個人情報を取得する場合は、本人の同意を得た上で取得します。取得した個人情報は、その目的以外には使用せず、目的外利用をしないよう適切な措置を講じます。
2.当社は、お客様から取得した個人情報をご契約、サイト登録、お客様へのご連絡・ご案内業務等の実施に、採用応募者から取得した個人情報を採用選考に、また役員及び従業員の個人情報は人事管理等に利用します。

(2)個人情報の委託
当社は、個人情報の取扱いを委託する場合は、十分な保護水準を満たした者を選び、契約等によって保護水準を守るように定めた上で、指導・管理を実施します。

(3)個人情報の第三者提供
当社は、法令に基づく場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供いたしません。

(4)開示、訂正、削除、利用停止等の請求
当社は、開示対象個人情報について、開示等の請求があった場合には、遅滞なくこれに対応いたします。開示等の請求に対応する方法は「開示対象個人情報の周知及び開示等の請求について」をご参照ください。

2.法令等の遵守
当社は、個人情報の保護に関する法令、ガイドライン、その他の規範を遵守いたします。

3.個人情報の安全管理措置
当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損などのリスクに対して適切な安全措置を講じます。また、何らかの問題が発生した場合には、速やかに是正措置を講じます。

4.管理体制
当社は、個人情報保護管理者のもと、部門毎に責任者を任命して、適切な個人情報の管理を実施します。また、役員及び従業員に対して教育を継続的に実施します。

5.苦情・相談のお問合せ
当社への個人情報に関する苦情・相談については、お問い合わせフォームまたは、(メールアドレス)までお問合せください。